あそこの毛が全く生えてこない高校生の割合

お久しぶりです。
真樹です。

先週、函館の温泉に行って来ました!

いいですね、温泉!!

お湯に浸かりながら真樹は高校生の頃を思い出しました。

「そういえば高校の修学旅行でも函館に来たなぁ」と。

その時一番衝撃を受けたのが、同級生であっても発育や体質に大きな違いがあるという事実でした。

無毛症って知ってますか?

今から10年以上前なので、今ほど脱毛がブームにはなってない時代です。

それでも、学年60人いる女子の中で3人ほど、全く髪の毛以外の毛が生えていない子がいたのは覚えています。

陰毛もわき毛も生えていないって子ですね。

私は毛深かったので、その当時はその子のことが正直とてもうらやましかったです。

私はこんなに毛深いのに、あの子たちは全身ツルツルでいいなぁ・・・と。

⇒⇒ 中学生1年の13歳の頃から毛深いことで悩んでた

でも当人たちにとって「高校生になっても毛が生えてこない」って状態は深刻な悩みだったはずです。

当時は知らなったのですが、無毛症っていう病気があるそうです。

毛髪を欠く状態で,全身性と局所性に分れる。前者は先天性無毛症で,歯牙形成不全,爪甲発育異常,無汗症などを伴うことが多い。後者は,放射線照射などにより円形脱毛症の一症状として現れる。圧迫に起因することもある。

今でこそ、高校生の間でも脱毛も流行っているので、陰部を毛がない子は珍しくないものの、当時はみんなワサワサしてたなぁと、温泉に浸かりながら昔を思い出したのです。

いつの時代も毛が薄い方が好かれるので気にしないで

毛がなかなか生えてこなくて困っている方もいると思います。

「このまま生えてこなかったら、私は一生大人の仲間入りできないんじゃないだろうか」

いいえ!
全く気にしないでください。

むしろ、毛があることがうっとおしくて、全身の毛を全処理するのが流行っている今のご時世です。

脱毛がメインですが、シェービングだったり、リムーバークリームでの除毛だったり、おしゃれに気をつかっている子ほど、毛を全部なくしている割合は高いです。

男子の間では「パイパン」と呼ばれてるみたいですが、毛が薄い(あるいはない)のは男子受けもいいので、むしろ「あそこの毛やわき毛が生えなくてラッキー」だと思っていいと思いますよ。